2020年 秋ドラマ

危険なビーナスの見逃し配信動画を無料視聴する簡単な方法とは?

危険なビーナスの見逃し配信動画を無料視聴する簡単な方法

2020年10月スタートの危険なビーナス。毎週日曜夜はミステリアスな美女に振り回されそうです!

 

日曜劇場である危険なビーナスはTBS系ドラマとなるので、見逃し配信先は【Paravi】の可能性が非常に高いです。

 

TBSとテレビ東京の番組を配信しているParaviですが、他の動画配信サービス同様に無料期間を設けているので「とりあえず試してみようかな」という場合でも安心。無料期間内に解約をすれば料金は一切かかりません。

 

【Paravi】2週間無料/月額税込み1,017円/ダウンロードあり/有料コンテンツあり/500円チケットポイント付与(無料体験中は無し)

 

 

2週間以内の解約はどんなに見ても無料!▶paraviで今すぐ無料視聴する!
登録も解約も1分で簡単完了!

 

 

 

▶2020年秋のおすすめ新ドラマ一覧はこちら

 

危険なビーナスの再放送予定はある?

危険なビーナスをタイムリーに視聴できなかった!録画をし忘れてしまった!という場合にちょっと期待したいのが“再放送”ですが、残念ながら今のところ危険なビーナスの再放送予定は未定となっています。

 

最近のドラマは放送終了後動画配信サービスで配信されるため、地上波での再放送はあまり期待できないのです。動画配信サービスでは見忘れてしまった回だけではなく、過去作や前話、全てのドラマの放送が終了すれば全話一気見することも可能となります。

 

放送終了後のドラマがDVDになるよりも早く視聴できるのでとても便利。

 

危険なビーナスの配信が濃厚なParaviは無料期間が2週間あります。是非この機会に動画配信サービスを活用して、見逃してしまった回や気になるドラマや映画をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

2週間以内の解約はどんなに見ても無料!▶paraviで今すぐ無料視聴する!
登録も解約も1分で簡単完了!

 

 

危険なビーナスの見どころ

危険なビーナスの原作は東野圭吾さん同名のミステリー小説。日曜劇場で東野さんの作品がドラマ化されるのは10年ぶりだそうです。

 

この作品の主人公はTBS連続ドラマ主演が16年ぶりという妻夫木聡さん!これだけでも見どころになりそうですが、危険なビーナスの場合、1話目から既に引き込まれる東野ワールドでラストの大逆転が最大の見どころとなりそうです。

 

この危険なビーナスには作者曰く“面白いピース”が沢山詰まっているそうです。ミステリー要素が盛りだくさんとなるので、毎週目が離せそうにありません。

 

ミステリーが好きな方はもちろん、ラストの大逆転見たさに視聴するのもオススメ!

 

危険なビーナスは「早く日曜日にならないかな」と思わせてくれるようなそんなドラマになっています。

 

TBS系ドラマ見逃し配信ならParaviが最強!

 

危険なビーナスのキャスト

妻夫木 聡
吉高 由里子
ディーン・フジオカ
染谷 将太
中村 アン
堀田 真由
結木 滉星
麻生 祐未
坂井 真紀
安蘭 けい
田口 浩正
池内 万作
栗田 芳宏
栗原 英雄
斉藤 由貴
戸田 恵子
小日向 文世
大和田南那

 

危険なビーナスのあらすじ

ある日いつものように動物病院で診察をしていた伯朗の元に「弟の妻」を名乗る美女・楓が突然現れ、伯朗の弟・明人が失踪してしまった事を聞かされる。

 

更に楓は明人の失踪には親族の誰かが関わっているのではないかと言う。この親族は伯朗の母や夫を亡くした後に嫁いだ“矢神家”の一族。

 

伯朗は矢神家の本当の子ではなく、母の連れ子。そして弟の明人は正真正銘の矢神家の子供で、伯朗は肩身の狭い思いをしてきたため、母の死後矢神家とは疎遠になっていたのでした。

 

一方で矢神家の血を引く明人には総額30億円ともいわれる遺族の相続権を持っていて、現当主が危篤状態の今その遺産を狙う親族が明人を攫った可能性があるかもしれないと楓は訴えます。

 

母の死後以来、矢神家とは関わらないようにしていた伯朗ですが、困っている女性を放っておけない性格なので楓と一緒に矢神家の屋敷に向かう事になり、明人の失踪を調べていくうちに矢神家一族の不穏な動きが次々と浮かび上がってきて・・・

 

危険なビーナスネタバレ・感想

 

TBS系ドラマ見逃し配信ならParaviが最強!

 

第1話

あらすじ

伯朗の動物病院に楓が登場。明人が行方不明となり「一緒に探して欲しい」とお願いし、矢神家の当主であり伯朗の母である偵子の再婚相手・康治が危篤状態であると教えられます。
30憶もの遺産を持つ矢神家。明人はこの相続権を持っているため、矢神家の誰かが拉致したのでは?と考え、楓は伯朗と矢神家に行く事を提案するものの、伯朗は長い事“連れ子”としてこの家で肩身の狭い思いをしてきたため、あまり乗り気ではありません。
しかし、矢神家の遺産を管理する波恵から「次回の親族会に参加するように」と言われた楓と伯朗だったのですが、当日楓は矢神家の地下室に閉じ込められてしまいます。

ネタバレ・感想

まず、登場人物が大体怪しいです!!
30憶もの遺産を狙う相続ミステリーのようで、矢神家の人物はとりあえず全員犯人候補なの?とドキドキハラハラしっぱなし。ただ、とにかく登場人物が多いので「これは誰だったっけ??」とちょいちょい疑問符が頭に出てきます(笑)
それでも、妻夫木×吉高ペアが中々良い感じ!伯朗と楓役に見事にハマっているので違和感なく最後まで楽しめそうな予感です!
SNSの反応は「妻夫木君のメガネ姿本当似合ってる!」「こういうミステリーも上手なんだ~」「既にビーナスワールドに入ってる」とかなりの好感度♪
来週が楽しみですねっ!

第2話

あらすじ

康治の義弟である牧雄がエスカレーターから突き落とされ、この犯人捜しをする伯朗と楓。でも、あまりにも冷静な楓に対して伯朗は違和感を覚え、楓が本当に明人の妻であるかどうか確かめる為、勇麿に楓のスマホを盗み自分に渡して欲しいと頼みます。
そして“勇麿が明人を監禁しているのでは?”と疑う楓。
楓は伯朗に勇麿の車にGPSを取り付けさせて監視します。すると、監禁場所のような団地を突き止める事になるのですがここには明人はいませんでした。その帰り、伯朗は楓のスマホを盗んで勇麿に渡して楓を問い詰めるものの、実は勇麿が楓の物だと思っていたそのスマホは伯朗の物で、伯朗と楓は勇麿を騙していたのでした。
伯朗・楓、そして勇麿はお互いにお互いを騙し合っていたのです。そして楓が階段から突き落とされ・・・・

ネタバレ・感想

ビックリするくらいナチュラルに騙されましたね!!
登場人物が多いドラマですが、1時間あっという間に過ぎてしまったので本当にハマります。
ただ、1話目と比べると話が足踏みしている感じです。サクサク進む展開ではなく、騙し合いを楽しめた週といったところでしょうか。今回メインで登場した勇麿は一応明人失踪の犯人ではなさそう・・・?だと思うのですが、ナチュラルに騙されたしまだまだ油断は出来ませんね!来週は一体どんな展開になるのかワクワクです。
SNSでも「騙された!」「ディーンさんの闇深い(笑)」と話題になっていました♪

第3話

あらすじ

階段から突き落とされた楓。入院は断って自宅に戻るのですが、伯朗は犯人から「いい匂いがした」と・・・犯人は男性ではなく女性であることを推測した伯朗。そして矢神家に乗り込んで、叔母である波恵と祥子の匂いを確かめ、康治の看護師である杏梨の髪から同じ匂いがすることを突き止めたのですが、残念ながら彼女には当日のアリバイがあったのです。
振りだしに戻ったかのように思いましたが、祥子の娘・百合華を疑う楓。伯朗にそのことを伝えると、伯朗は百合華とアポを取りつけます。そして楓を地下室に閉じ込めた犯人が百合華であることが判明。しかし、楓が階段から突き落とされたことまでは知らなかった・・・そして犯人が使っているはずのシャンプーを伯朗から渡された百合華ですが、このシャンプーを親友が使っている事に気づいたのでした。

ネタバレ・感想

楓を閉じ込めたまでは良いけれど、階段から突き落としたのはまた別の人物・・・?楓さん、ちょいとあなたどんだけ狙われているのよ!と思いますが、この“登場人物全員犯人候補”な展開がこのドラマの魅力なんですよね。
最初は楓に対して不安や心配もあった伯朗のようですが、3話目になると楓をしっかりと守ろうとしているその姿にまたキュンキュンさせられます。もしかしたらこのまま楓も伯朗とくっついちゃうのか・・・・!?なんて思えてきます。ミステリーを観ているハズが、結局2人はどうなるのよ!と遺産の行く末よりも2人の行く末の方が気になっていました(笑)
SNSでは「吉高×中村アンが良い感じ」「毎週謎解きが出来てちょっと面白い」と3話目も中々好感度です!

第4話

あらすじ

伯朗は百合華から「母(祥子)が置手紙をしていなくなってしまった」と告げられます。
実はこれ、明人がいなくなった時と同じパターンだったのです。百合華に一緒に母を探して欲しいと頼まれるものの、かつて伯朗の母である偵子をイジメてきた祥子を助ける気にはなれない伯朗。
祥子を探すのを断る伯朗、すると百合華は「この事は楓さんには言わないで」と口止めをして帰っていく百合華。
一方、楓は寝たきりの康治の看病をするために矢神家に来ていました。
波恵が今後の遺産管理について康治に相談すると康治は文字盤を使って瞬きで“あきと を まて”と返しそのまま眠ってしまうのでした。
仕事を終えた伯朗、百合華の事がどうしても気になって支倉家に向かう事に。
祥子失踪の手がかりをつかむため、百合華の案内で家の中を調べてみると祥子の部屋で差出人不明の不審な手紙を発見。その手紙には“あなたは夫に殺される”と書かれていたのでした・・・

ネタバレ・感想

登場人物をちょっと整理すると、康治の義妹が支倉祥子になります。支倉家の長女が百合華、そして康治の妹が波恵。
初っ端から登場人物が多かったのですが、ここに来て手島家、矢神家、そして支倉家まで!!ネットで相関図を見ないと本当よくわからなくなってきましたね(笑)一応ドラマ内でも名前や続柄は表示してくれていますが、初見さんは「はて?」となるかもしれません。
そして4話も伯朗の妄想が活躍していました。ちょっとずつ物語が進んでいると実感した週でもありますね。伯朗の過去も明らかになってきましたし、このお家騒動がただの遺産相続だけではなくイジメや不倫なんかもあったりして本当ゴタゴタしているんだなぁと感じました。
SNSでは「祥子がやばい!(笑)危険すぎない!?」「もしかして、ドラマに出てる人全員グル?」と犯人捜しに余念がありません(笑)ちょっとずつ物語も進んでいますし、来週も楽しみです!!

第5話

あらすじ

いよいよ5話までやってきましたね!
伯朗が勤務する動物病院に差し出し人不明の手紙が届きました。その手紙には「今夜、康治が殺される」と書かれていたのです。楓と元美の3人でランチに行く事になっていた伯朗は2人に手紙のことを話します。
誰かのイタズラであろうと軽く考える伯朗、しかし楓と元美は「本当に誰かが康治さんを殺そうとしていて、それを止めようとしているのでは」と推理。
一方、矢神家では波恵が夜7時に親族を集めてあの“開かずの間”を開け、遺産を再確認することになっていたのです。この開かずの間には禎子の遺品もあるため、波恵は伯朗にも声をかけたのでした。
その日の夕方、楓と伯朗は矢神家を訪れ、康治の無事を確認。そして育ての親である康治に対する複雑な思いを口にだした伯朗に対して楓は康治殺害計画を阻止する作戦を企てます。
ベッドの下に潜り込む楓、伯朗は親族の集まる部屋へ。そして“開かずの間”を開ける時間になり・・・

ネタバレ・感想

えっ、なんで色々ある(あった)家なのに、あの手紙がイタズラだと思えるの!?とちょっと突っ込みたくなる気持ちを抑え、今週もドキドキの5話でしたね!!
伯朗、康治にいい印象がないのかちょっと冷たいと感じる部分もありますが・・・まぁ、これまで康治がやってきたことを思えば伯朗の気持ちも分かる気がします。
で、私楓はもっとミステリアスな美女(芸能人で言うと、壇蜜さんとか?)を期待したのですが吉高さんの楓はちょっとどこかコメディぽく見えてなりません。悪い意味ではないのですが、これまでの役柄とか重なってしまって!というわけで、ベッドの下に潜り込む、というのも真剣に考えた作戦なのかもしれませんがちょっと原始的で面白かったです(笑)なんかもっと色々便利な物があるんだからさ、って感じで!結果としてそこに潜り込んでいる事がバレちゃってるし・・・!!
というわけで、今週の収穫は波恵の話と遺品ですかね!来週の展開もちょっと気になります。
SNSでは「来週はいよいよ明人の失踪理由が分かる?」「家族3人の写真にちょっと感動した」といった声が!来週はいよいよ物語の半分ですね!

第6話

あらすじ

伯朗は母・禎子が矢神家の誰かに殺されたと聞きショックを受けます。楓からも明人が母の真相を暴こうとしていたことを聞き、兄である自分にどうして相談してくれなかったのかとやりきれない気持ちでいっぱいに。
明人の失踪と禎子の死の真相に何か関係はあるのか?と考える伯朗と楓。そこで気になったのは“30億の遺産よりももっと価値があるもの“という牧雄の言葉。ですがその牧雄は「退院する」というメモを残して病院からいなくなってしまったのです・・・!!
伯朗は矢神家で遺品を引き取り、そのまま兼岩家へ。
叔母の順子と憲三夫婦と一緒に遺品を見ながら禎子が亡くなった16年前の話に。
順子がふと遺品の中に実家のアルバムが無い事に気が付きます。禎子が亡くなった後、そのアルバムは矢神家で処分されてしまったのだろうか、そして更地となってしまった小泉の実家の土地がどうなっているのか確かめた方が良いと順子は伯朗に助言します。
一方、伯朗は楓の事が気になっていました。
自分が矢神家に行く事を伝えても「今夜は予定があるから」ととてもそっけなく、電話やメールにも応答がありません。
そのころ、楓は勇磨と2人で会っていたのですが・・・・

ネタバレ・感想

もう、登場人物全員がとにかく怪しいですよね。
まず、30憶以上もの遺産よりも価値があるものって何??
禎子が矢神家に殺された理由ってなに?遺産?でもそれだとあまりにも安直過ぎない??そもそも他殺?矢神家の人も十分怪しいのですが、楓もスパイじゃないのか?と思えるし本当に謎!!
また、今週は妄想ではない本物の(!)明人が登場しましたね。誘拐されてとっくに殺されてしまっていたのでは、と思っていただけに拘束されていただけのようで安心しました。が、実はこの誘拐・拘束も何者かによる自作自演だったりするんじゃないの?という気持ちもあります。
とにかく来週も気になります!!一体誰が犯人なの!?
SNSでは「禎子を殺した人と明人を誘拐した人って同一人物?」「楓がめっちゃ怪しいんだけど」といった声がありました、わかります!とにかく今は全員が怪しい状態ですよね!?来週からちょっとずつわかればいいなぁ。

第7話

あらすじ

伯朗と楓は小泉の家の中を探るなかで明人が数年前に小泉の家に来て母である禎子が亡くなったお風呂場をじっと見つめてたたずんでいたこと、そして禎子が亡くなる少し前になぜか佐代がそこに訪れていたことを知ります。
禎子と佐代はどんな関係だったのか?
母を殺した真犯人が佐代なのか?
動物病院に戻った伯朗と楓は小泉の家から持ち帰ったアルバムを見てあれこれと推理を始めます。そんな伯朗と楓の様子を外から伺う黒服の男が・・・・
伯朗は矢神家を訪れ、寝たきり状態の康治から母の死の真相を聞き出そうと試みます。ですが、康治は「あきとにうらむな」というメッセージを文字盤に残し、再び眠ってしまいます。
康治から禎子と佐代について何も聞き出す事が出来なかった伯朗と楓は直接佐代に話を聞いてみようと試みます。
一方で、勇磨はひそかに康治の研究室を探っていました。ここに、とある幾何学模様の画を見つけた勇磨は、それが牧雄の追い求める30憶の遺産よりも“価値のあるもの”につながる資料だと考え、これをネタに楓にアプローチを掛けてきたのですが・・・・

ネタバレ・感想

佐代という存在が出てきたわけですが、本当に登場人物が多いドラマですよね!!しかも、この佐代もまた怪しい・・・
楓は一応ヒロイン的なポジションなので、「無いだろうなぁ」と思っていたのですが、この楓が今週「えっ?」と思わせる技を披露したわけですよ。普通、成人男性を後ろから押さえつける事しますか?(笑)どこかで何かの訓練を受けてきたプロの方?
やっぱり楓も怪しいんですけど!!そして、楓が本当に明人の奥さんなのかどうかもちょっと怪しくなってきました。そもそも、明人の失踪には本当に楓は絡んでいないのかもわからないし。
また、「あきとにうらむな」?
明人を恨むな、ではなくて?それとも、「うらむな」の続きがあったのかなぁ。
そしてこの康治ですが、なんか色々やってたみたいなので伯朗のお父さんをモルモットにしてたとか?
今週も全く先が読めませんでした!!来週もまた気になりますね!来週は8話いよいよ物語も佳境です!そろそろ犯人の尻尾的なものを~・・・!
SNSでは「やっぱり楓怪しいじゃん」「ちょっとずつ伏線回収に来てますね~!」との声が♪楓を怪しいと思う人続出です!来週も楽しみです!

第8話

あらすじ

伯朗は突然自宅に押し掛けてきた牧雄から、脳の研究をしていた康治の研究記録を見つけて欲しいと頼まれます。
そこには、伯朗の実父である一清の脳腫瘍に関する研究データがあり、それが人類の未来において計画的な発明に繋がる内容だというのです。更に、その研究資料は康治から伯朗の母である禎子が譲り受けているはずだから伯朗こそがそれを探す者として適任だと断言したのです。
牧雄が探していた「30億よりも価値があるもの」とはまさに、康治の研究データだったのです。
義父である康治の治療を受けた後、実父の一清は亡くなっていました。康治は禎子を手に入れる為に患者だった一清の死を意図的に早めたのではないか、そんな疑念を払拭できない伯朗に対し楓は当時の康治を知る人物に会いに行こうと伯朗を誘います。
一方で、勇磨もその研究データの価値に気づき、佐代に内緒で単独行動をしていました。
そんな勇磨の様子に気づいた佐代はある日伯朗に「勇磨と楓さんは繋がっている」と忠告をして・・・・

ネタバレ・感想

やっぱり楓も怪しいじゃないですか!!!!!
回を追うごとに、登場人物全員が怪しい!!!
もしかしたら明人を誘拐したのも楓本人なのでは・・・?そして、まさかの勇磨と楓は繋がっている?ほら~!やっぱり楓黒なんじゃないの!?
そしてもう一つ、30憶よりも価値がるものの存在が明らかになりましたね。これはそうですね、本当にそれ以上の価値があるし、この先この研究データがどう扱われて?行くのかも見どころになるような気がします。
「続きが気になる!」という方が非常に多く、どうしても待てずに結果を先に知ってしまった方も多いこの回。物語も佳境に入り、いよいよ東野ワールド全開!といった感じです。
私は楓が怪しいと思っていますが、そもそもこの危険なビーナス伯朗の妄想が凄まじいため物語そのものが「伯朗の妄想でした☆」という夢オチになるのではないか、とも思えてきます。
続きも、物語の結末も非常に気になりますがググりたいのをぐっと堪えて、来週も楽しみにしています!
SNSでは「やっと面白くなってきた」「伯朗、本当すぐ流されるよなぁ」という意見も!続きが気になりすぎる第8話でした!来週もしっかりとチェックしていこうと思います♪

第9話

あらすじ

伯朗は母の死の真相と、明人の失踪、後天性サヴァン症候群に関する康治の研究記録に混乱していました。
それらは全て関係あるのか?そして楓は自分を裏切り、勇磨と繋がっていたわけで・・・伯朗は苦しい胸の内を元美に吐露。
翌朝、楓が勇磨と共に「誤解を解きたい」と伯朗の動物病院にやってきます。
更に勇磨は伯朗に「手を組もう」と提案する。康治の研究記録を手に入れたい勇磨は、代わりに明人捜しに力を貸すという。楓も3人で明人を捜そうと訴えるものの、楓への不信感がぬぐえない伯朗は2人を追い返してしまうのでした。
康治の死期がいよいよ差し迫っている中、矢神家で親族会が開かれました。
遺産相続人である明人が戻ってこなかったら遺産は残る親族で均等に配分・・・一族それぞれの思惑が交錯する中、波恵が衝撃発言!
“楓は本当に明人の妻なのか”伯朗は楓の正体を探るため、彼女の実家だという焼き鳥屋を元美と尋ねるのですが・・・

ネタバレ・感想

さぁ、最終章に突入となりました!第9話です!
伯朗は楓と勇磨が裏でつながっていたことに関して、本当に明人の妻なのかすごく疑っていますよね!!私も楓はすごく怪しいと思う。いくら、協力しようと提案してきても、楓はちょっと胡散臭い存在だと思うんですよ!
そして、波恵による衝撃発言。なんと康之介に隠し子・・・その隠し子がまさかの使用人の君津。えーっと・・・後出しじゃんけんみたいな感じがします。マッチングアプリで波恵と会い、この家の使用人になるように言われたという。
ここにきてまさかの隠し子発覚!
このドラマ、最終回まで新たな人が現れそうな予感しかしません(笑)そしてその最終回が次回なんですよね。
一体これまでの伏線をどうやってまとめるのか、どういう結末が待っているのか今はもうそれしか頭にありません。そして、伯朗はちょいちょい色んなところにかかわっているものの、やっぱり主人公らしさというものがいまいち欠けている感じがします。ですので、主人公なんだけど、主人公っぽさがないというか影が薄い・・・?(笑)
そんな感じで9話が終わり、次回はいよいよ危険なビーナス最終回となります。一体どうなるのか、まだ登場人物が増えるのかどうかその辺も含めて気になるところですね!
SNSでは「いよいよ最終回かー」「次回も伯朗の妄想があるのかも見どころだわ!」といった声が♪来週も楽しみですね!!

第10話

あらすじ

矢神家の親族会、当主である康治が亡くなり、明人が戻らない今矢神家の遺産はいよいよ康之介の子供たちに均等に分配される事になった。
ですが、楓は後天性サヴァン症候群の研究記録さえ見つかれば明人は救い出せると波恵に訴え、勇磨も楓の味方をする。
その時、行方をくらましていた牧雄が突然現れ、それをきっかけに一族で醜い言い争いが勃発。それを見かねた波恵が一同を制し、康之介に関するある重大な事実を語り「矢神家は康治の代で終わりにします」と言い放ったのです。
そんな中、「母から譲り受けた貴重なものを渡さなければ明人を殺す」という犯人からのメールが届いたと親族の前で告白する伯朗。
「明人は必ず僕が救い出します!」と宣言し、矢神家を後にする伯朗。
そして、ついに犯人との直接対決!!
伯朗は“貴重なもの”を探し出し、明人を無事に救い出すことは出来るのでしょうか。
犯人は一体誰なのか?
母の死の真相とは?
そして楓は本当に明人の妻なのか?
全ての謎が明かされ、ラストには驚愕の結末!!!

ネタバレ・感想

いよいよ最終回となりました~!!!
結論から言ってしまうと、危険なビーナスは最終回がなんだか別のドラマのような・・・
まぁ、犯人は小日向さん演じる憲三だったわけですよ・・・。
数学者である憲三は絵を手に入れて謎を解きたかったのですね。明人が絵を見せてから虜になっていたのです。そして憲三が家に忍び込んでいるところを禎子に見つかってしまったわけです。禎子が絵を処分する、といったものですからもみ合いになり禎子は倒れてしまっていたわけです。
驚くべきことに、明人は監禁などされていなかったのです。
明人は警察に保護されていただけ。潜入捜査員として“明人の嫁役”になったのが楓だったのです。そうです、楓は妻ではない上に警察官だったのです。全然ビーナスっぽくない~(´;ω;`)
そして明人と百合華は結婚を前提に付き合う事に。
伯朗は元美とディナーの約束をしていましたが、どうしても楓を忘れる事が出来ず・・・そしてレストランには元美ではなく、楓の姿が。「初めまして」と抱き合うわけですが、2人で1から始めて行くのかもしれませんね。
肝心の伯朗は、真犯人よりも楓が明人の妻ではなく警察官だったことの方がショックだったもよう。矢神家のお家騒動はこれにて一件落着~なのかもしれませんが、あれだけの登場人物あれだけの伏線、そして小日向さんのキャスティング!(笑)
これからドラマを観ようという方は是非、原作の方も読んでいただきたいと思います!
SNSでは「三か月見てこの結末!」「伯朗と楓を無理やりくっつけた感じが否めないけど、とりあえずハッピーエンド」といった声が♪いよいよ最終回を迎えてしまいましたね!!原作はドラマとまた違い、サクッと読む事が出来るそうなので時間がある方は是非危険なビーナスの原作の方もチェックしてみてはいかがでしょうか♪
10話とちょっと短く感じるかもしれませんが、日曜劇場の次回作にも期待です!!

2週間以内の解約はどんなに見ても無料!▶paraviで今すぐ無料視聴する!
登録も解約も1分で簡単完了!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です